多少罪恶假汝之名

多少罪恶假汝之名(duō shǎo zuì è jiǎ rǔ zhī míng)

意味:汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか

フランス革命の指導者であるロラン夫人が処刑される前に残した台詞である「自由よ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」から。フランス革命は「自由、平等、友愛」の標語を掲げていたが、却ってその「自由」が、どれほど多くの罪を犯して来たのかという裏切りと皮肉を込めた台詞。

例:自由,多少罪恶假汝之名而行
「自由よ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」
例:道德,多少罪恶假汝之名而行
「道徳よ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」
例:真是疫情,多少罪恶假汝之名而行
「本当にコロナウイルスよ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」