光盘行动

光盘行动(guāng pán xíng dòng)

意味:食事残さないようにする運動

中国では外食すると、もてなされた人が注文したものを食べ尽くすと、もてなした側が満足させていないと解釈されていた。そのため、もてなされた側は残すことがマナーで、もてなす側は食べれ切れないほど注文する風潮が根強い。これに対し、2012年に国家粮食局が浪費を戒め、国民の間でも2013年ごろから「残さずに食べよう」という呼びかけがされるようになった。2020年には習国家主席が、国民に浪費を戒め節約を促し、この運動は再度注目を浴びるようになった。翌2021年には《中華人民共和国反食品浪費法》が施行されている。これにより、飲食店側が過剰な量の食べ残しをした客に対して、食べ残した分の処分費用を請求できるようになった。

例:光盘行动,拒绝浪费
「食事を残さないようにしよう、浪費は反対」
例:少点些不浪费,一起光盘行动吧
「少なく注文し浪費を止めよう、食事は残さないようにしよう」
例:对做饭人的最大尊重,每次我都光盘行动
「ご飯を作る人への最大の尊重、毎回私は残さず食べている」

百度から引用
タイトルとURLをコピーしました