好心当作驴肝肺

好心当作驴肝肺(hǎo xīn dāng zuò lǘ gān fèi)

意味:下種の逆恨み、好意が逆に悪意に受け取られる

好心换来驴肝肺、好心做了驴肝肺、好心当成驴肝肺、好心当了驴肝肺も同じ。ロバの肝臓と肺は安価で不味い。善意がロバの肝臓と肺のように受け取られるということ。

例:太无语了,总是把别人的好心当作驴肝肺
「言葉にならない、いつも好意が逆に悪意に受け取られる」
例:有多少好心好意,最终被当成了驴肝肺
「どれだけの好意を施したことか、最後には却って悪意に受け取られる」
例:提醒她理智点,结果还在骂我,好心当作驴肝肺
「彼女に理性的にするよう忠告したが、結果罵ってさえくる、下種の逆恨み」