话到舌尖留半句

话到舌尖留半句(huà dào shé jiān liú bàn jù)

意味:言いたい事は明日言え

言いたいことがあってもすぐには言わず、時間をおいてよく考えてから言えば失言しなくてすむということ。

例:话到舌尖留半句,谨言慎行是重要的
「言いたい事は明日言え、言葉や行いを慎重にすることは重要だ」
例:话到舌尖留半句,事要三思而后言
「言いたい事は明日言え、何度も考えてから発言しなければならない」
例:话到舌尖留半句,说话小心些,为人谨慎些总是无害的
「言いたい事は明日言え、話す言葉には注意して人に対して慎重になれば損なうことはない」