可怜之人必有可恨之处

可怜之人必有可恨之处(kě lián zhī rén bì yǒu kě hèn zhī chù)

意味:哀れな人には必ず哀れになる理由がある

可怜(哀れである、かわいそうだ)と言っても”真可怜”と“假可怜”に分けられるという捉え方。”真可怜”は宿命のように変えることが難しいが、“假可怜”は努力によっていくらでも改善できる。哀れになる人は実際は自分で哀れになる種を自ら蒔いているという考え方。

例:可怜之人必有可恨之处不是没有道理的
「哀れな人には必ず哀れになる理由がある、道理がないことはない」
例:可怜之人必有可恨之处,一切皆有因果
「哀れな人には必ず哀れになる理由がある、すべては因果応報だ」
例:可怜之人必有可恨之处,但是我现在这个状况,真的只有可怜形容了吧
「哀れな人には必ず哀れになる理由があると言っても、現在の私の状況は本当に哀れだと形容できる」

タイトルとURLをコピーしました