懒人消费

懒人消费(lǎn rén xiāo fèi)

意味:ナマケモノ消費

文明が発展して生活が便利になると、消費者はますます楽をしたがるようになる。便利な商品による怠け者な消費者が増えると、この怠け者を助長するような商品が開発され売れ、それは一般消費者にも浸透していく。掃除はしたくないけど部屋は綺麗にしたい、ご飯は作りたくないけど出かけず美味しいモノが食べたい、このように発展してきた懒人经济(ものぐさ経済)は、コロナ禍において、ものすごい勢いで拡大した。

例:懒人消费将成为一种趋,看看你一年吃了多少外卖?
「ナマケモノ消費が勢いづいている、あなたは一年にどのぐらいデリバリーを使いますか?」
例:“懒人经济”成潮流,懒人神器让你“解放”了吗?

「ものぐさ経済は時代の成り行き、これらの商品であなたは解放されましたか?」
例:懒人消费成为了新型消费市场的热点,扫地机器人必须买
「ナマケモノ消費が新型消費市場の関心事に、ロボット掃除機は必ず買う」

百度から引用
タイトルとURLをコピーしました