雷声大雨点小

雷声大雨点小(léi shēnɡ dà yǔ diǎn xiǎo)

意味:光るほど鳴らぬ、期待させるほど大したことない

口で偉そうに言う者に限って、たいした腕を持ってはいないというたとえ

例:担心热度不够,担心雷声大雨点小
「情熱が足らず光るほど鳴らぬになることを心配する」
例:该说不说果然还是雷声大雨点小的剧情尺度,豪不意外
「ぶっちゃけ案の定期待させるほど大したことないストーリーで意外性はない」
例:雷声大雨点小,事前吼叫的非常凶,事后看不过尔尔
「光るほど鳴らぬ、やる前は激しく叫ぶがあとで見ても大したことはない」