青春疼痛文学

青春疼痛文学(qīng chūn téng tòng wén xué)

意味:主人公が青春時代に心の傷を負う文学

主人公が心の傷、悲しみ、苦労などを経験する小説などを指す。苦労を知らない00后(2000年代生まれ)などの若者の間でよく使い回される言い方。

例:半夜就爱看一些青春疼痛文学
「夜中に主人公が青春時代に心の傷を負うような本を見たくなった」
例:青春疼痛文学也符合你们这个年纪的口味
「主人公が青春時代に心の傷を負う文学はあなたのような年代には合っているでしょ」
例:这个本属于青春疼痛文学,如果喜欢这种类型的可以尝试一下
「この本は主人公が若い時に苦労する、もしそのようなのが好きなら読んでみたらよい」

武汉工程大学学生会から引用
タイトルとURLをコピーしました