甜柠檬效应

甜柠檬效应(tián níng méng xiào yìng)

意味:甘いレモン理論

甜柠檬心理ともいう。これは、イソップ寓話の「狐と葡萄」にある酸葡萄「酸っぱいブドウの理論」の対比として用いられる心理学用語。これは苦労してやっと手に入れたレモンについて「これは甘くておいしいに違いない」と現状以上の評価や理由付けを自らすることで、無意識のうちに自己の心の安定を得ようとする心理作用のこと。自分の持っているものが良いものであると思いたがる、又は良いものであって欲しいと願うところからくる心理作用ともいえる。

例:如果人想要幸福,我觉得还是应该多利用一点甜柠檬效应的
「もし人が幸福になりたいなら、甘いレモン理論を利用すべきだと感じる」
例:不要有太多的甜柠檬心理了,你本来就值得更多
「甘いレモンの心理を持ち過ぎるな、あなたにはもともともっと価値がある」

タイトルとURLをコピーしました