PR

温水煮青蛙

温水煮青蛙(wēn shuǐ zhǔ qīng wā)

意味:茹でガエル現象、茹でガエルの法則

「カエルは、いきなり熱湯に入れると驚いて逃げ出すが、常温の水に入れて水温を徐々に上げていくと逃げ出すタイミングを失い最後には死んでしまう」という(茹でガエル)の作り話から。ゆっくりと進む環境変化や危機に対応する難しさや大切さを説く言葉。急な変化ではないため、そのうちなんとかなると気楽に構えていたら取り返しのつかない重大な事態に陥るなどの特徴がある。

例:国企”温水煮青蛙”的工作比私企轻松,要不要换?
「国営企業の茹でガエル現状の仕事は民間企業に比べで気楽だ、職を変えるべきか」
例:如何看待大学生处于“温水煮青蛙”的状态
「どのように茹でガエル法則の状態の大学生に対処するべきか」
例:在一个单位里被温水煮青蛙很多年,年纪大了,不涨工资也已经不敢离职
「ひとつの会社で茹でガエル現象、歳をとってしまい給料が上がらなくても離職したくない」
例:教育像是温水煮青蛙,水突然热,青蛙也跳不出来
「教育は茹でガエルの法則のようだ、水を突然熱くするとカエルは逃げ出してしまう」

例:真的好烦这种层层加码,温水煮青蛙式增加工作量
「本当にこのような段階的にレベルを上げているやり方ムカつく、茹でガエルの法則で仕事量を増加させている」

匠子生活から引用