眼球经济

眼球经济(yǎn qiú jīng jì)

意味:アテンション‐エコノミー

インターネットが発達するなどした情報過多の高度情報化社会においては、情報の優劣よりも「人々の関心・注目」という希少性こそが経済的価値を持つようになり、それ自体が重要視・目的化・資源化・交換財化されるようになるという実態を指摘した概念。(Wikipediaから)

网易から引用
タイトルとURLをコピーしました