以蠡测海

以蠡测海(yǐ lí cè hǎi)

意味:貝殻で海を測る

小さな貝殻で海の水をすくい、大海の水の量を測ろうとする無謀な計画ということから、自分の狭い見識だけをもとにして、大きな問題を議論することのたとえ。

例:以蠡测海,一看这就是一只井底之蛙
「貝殻で海を測る、見るからに井の中の蛙だ」
例:人真的不能以蠡测海,你看看外面的世界吧
「人は本当に貝殻で海を測るのではいけない、外の世界を見て」
例:其实是以蠡测海,见识也是短视又狭隘
「実に貝殻で海を測ると言える、見識も目先ばかりで狭い」