不如意事常八九

不如意事常八九(bú rú yì shì cháng bā jiǔ)

意味:儘にならぬが浮世の常

「不如意事常八九,可与人言无二三」でも同じ。何事も思いどおりにならないのがこの世の常であるということ。

例:人生不如意事常八九,可与人言无二三,何必太在意
「人生、儘にならぬが浮世の常、どうして気にする必要があろうか」
例:不如意事常八九,可与人言无二三,别回头往前看
「損得だけで行動してはいけない、振り返らず前を向いて」
例:人生多艱,不如意事常八九,得之坦然失之淡然
「人生は多難だ、儘にならぬが浮世の常、損得だけで行動してはいけない」