大数据杀熟

大数据杀熟(dà shù jù shā shú)

意味:パーソナルプライシング

大数据は「ビックデータ」の意味。ビッグデータにより消費者の収入や消費動向などの情報を分析して同一商品やサービスの価格を人により変動させること。企業が熟客「常連客」から大幅な利益を取ろうとすることから。ちなみに《個人情報保護法》で個人情報についての規則が整備され《消費者権益保護法》でパーソナルプライシングは違法と位置付けられてる。ダイナミックプライシングは需要と供給という観点から商品やサービスの価格を変動させるが、パーソナルプライシングは人(個人)によって商品やサービスの価格を変えるということで違法と判断されている。

例:App订酒店黄金会员比普通会员贵,大数据杀熟的质疑声此起彼伏
「アプリでホテルを予約したらVIP会員が一般会員より高い、パーソナルプライシングの疑いの声が収まらない」
例:网购同一商品不同账号价格差50元,这个就是平台利用大数据杀熟
「違うアカウントを使いネットで同じ商品を購入するも50元の価格差、このプラットホームはパーソナルプライシングを利用している」
例:用3个账号,买同一趟航班,价格最多相差700多元,大数据杀熟太离谱了
「3つのアカウントを使い同じ飛行機の便を購入するも価格差が700元以上もある、パーソナルプライシングひどすぎる」

タイトルとURLをコピーしました