PR

冷暖自知

冷暖自知(lěng nuǎn zì zhī)

意味:(体験経験して)はじめて分かる

コップに入った水が、冷たいか温かいかは飲んでみないと分からない。仏教用語であり、「物事は人から言われて分かるものではなく、自身が体得・感得してこそ悟ることができる」という意味。

例:这世上根本不存在感同身受,只有冷暖自知
「世界には全く同じ感情を味わった人はいない、体験してはじめて分かるものだ」
例:冷暖自知,大部分女人婚姻都不幸福
「経験してはじめて悟る、大部分の女性が結婚しても不幸せだ」
例:如人饮水,冷暖自知,很多事情只有自己经历了才能够真正体会
「水を飲むごとく、体験してはじめて分かる、多くの事は自分で経験してみて体得できるものだ」

觅元素から引用