奶头乐

奶头乐(nǎi tóu lè)

意味:豊富な娯楽(tittytainment)

奶头乐理论ともいう。『グローバル化の陥穽』という書籍において、21世紀には経済を実質的に動かす人口2割の層と低所得・最低限の福祉によって養われるだけの人口8割の層からなる社会が訪れるという概念(20対80社会)が提起された。(Wikipediaを参照)これについて、カーター政権時に国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたブレジンスキー氏は、20対80社会の対立問題が起きても、8割の低所得者層への対策として「奶头乐理论(tittytainment)」を提唱した。「tittytainment」とは、”titty”(乳首)と”entertainment”(娯楽)を合わせた造語。同氏が提唱した娯楽とは、ポルノ産業、オンラインゲーム、ショートビデオ、アイドル、ドラマなどのエンタメ。8割の低所得者層に娯楽という乳首(おしゃぶり)を与え続ければ、それに夢中になり口が塞がり不満の声も上がらないというもの。

例:一定要戒掉奶头乐,远离短视频
「絶対に豊富な娯楽をやめなければならない、ショート動画に近づくな」
例:全社会也全面进入奶头乐麻醉的躺平时代
「社会は全面的に豊富な娯楽で麻痺し、欲張らず妥協する時代に突入した」
例:社会生产出各种的电子鸦片,让你沉浸在奶头乐当中,无法自拔
「社会は各種の電子アヘンを製造し、あなたを豊富な娯楽に浸らせ抜け出せないようにしている」