一失足成千古恨

一失足成千古恨(yī shī zú chéng qiān gǔ hèn)

意味:ふとした間違いが一生の悔いを残す

三国時代の楊儀の《明良記》から。原文では『一失足成千古恨,再回头是百年人』で直訳すると「一つの躓きが永世の遺恨を残し、元に戻るには百年を要する」となっている。

例:有些事一失足成千古恨,没有后悔药
「ある事柄はふとした間違いが一生の悔いを残す、後悔先に立たず」
例:真的是很遗憾很遗憾,一失足成千古恨
「本当にとても遺憾で残念だ、ふとした間違いが一生の悔いを残す」

例:一步错,步步错,就像现在一失足成千古恨
「一つのミスが命取り、ふとした間違いが一生の悔いを残す」

例:那次可能真的是没注意到吧,谁料一失足成千古恨
「その時は本当にそれほど気にしていなかった、誰がふとした間違いが一生の悔いを残すと思っただろうか」

ezp9から引用
タイトルとURLをコピーしました