佛系

佛系(fó xì)

意味:マイペースな(人)、これといったこだわりがない(人

自由人でこだわりもなく、顕示欲や競争心もなく、マイペースなことを指す。些細なことはもちろん何に対しても気にしないタイプの人のこと。「90后」(90年代生まれ)の代名詞として使われたりする。一人っ子のプレッシャーからの反動の特徴とも言われたりする。ある意味で悟りを得た仏陀のようであると仏教精神になぞらえている。佛青年は、日本で使われる仏男子「ブツダンシ」(何も求めず、その日一日無事に過ごせられればいいという生活を送る若者)と同じ意味で使われる。性格特别佛は「性格は特にマイペース」などと訳す。

佛系生活「欲もなく争いを好まないマイペースな生活」
佛系职员「特に出世を目指すわけでもなく自らの仕事だけこなす職員」
佛系食客「食にこだわりがない、食べるなら何でもよい客」
佛系恋爱「相手にどう思われようとも構わず、なんとなく付き合う恋愛観」
佛系考研「拼命考研(どうしても受かりたい)という訳でない大学院受験」
佛系乘客「満員の地下鉄を数本見送るなど無理に乗車しようとしない乗客」
佛系生活「トレンドを追う訳でもなく、マイペースな生活」
佛系育儿「独立心を促す子育て、子どもの行動は動機をみて判断する」

佛系随缘「こだわりなくマイペースに成り行きに任せる」
佛系放养「競争世界に距離を置きマイペースに子育てをする」

例:今天不佛系!有很多事要做
「今日はゆったりとはしていられない、たくさんの事をしなければ」
例:真的是天天工作训练我的抗压能力啊,什么时候我才能佛系啊
「本当に毎日仕事で打たれ強さを訓練しているや、いつになったらマイペースになれるのか」
例:拒绝加班,佛系躺平是我的工作态度
「残業を断り、こだわりなく欲もないのが自分の仕事への態度」

百度から引用
タイトルとURLをコピーしました