内卷

内卷(nèi juǎn)

意味:①内向きな考え方 ②限られたパイを競争して取り合うこと

競争社会を象徴する単語。高等教育で不必要なまでの競争をして勝利を勝ち取ったものだけが、社会的に成功できるという考え方から生まれた単語。勉学の本来の目的や何のために学習するのかと考えるより、受験勉強により社会で成功するためだけにすると考える「内向き」の人たちの社会現象ともいえる。内卷化という言い回しもよく使われる。行业内卷「業界内の激しい競争」は技術革新や新しい客層の開拓がないなどで、すでに消費が頭打ちで停滞している状態をいう。

例:现在为什么都不生小孩?都内卷?
「いまどうしてみんな子どもを産まないの?みんな考えが内向き?」

例:高考内卷的现状必然打破
「全国統一大学入学試験の内向きな現状は必ず打ち破らなければならない」

例:当下“内卷化”现象严重,穷人越努力越穷
「いまは内向き志向が深刻だ、貧しい人は努力しても更に貧しくなる」

例:内卷时代,我们必须不停奔跑
「激しい競争時代、我々は奔走し続けなければならない」
例:快递行业价格战加速内卷

「配送業は客の奪い合いで価格競争が加速している」
例:房地产消费疲软,内卷激烈
「不動産業界消費は鈍化し、熾烈な客の奪い合いとなっている」
例:电商低价“内卷”,如何差异化破圈?

「電子商取引は内向きな争いとなっている、どのように差別化して打開すべきか?」

百度から引用
タイトルとURLをコピーしました