PR

社死

社死(shè sǐ)

① 人前で恥ずかしいことをする、恥ずかしい思いをする
② サイバー暴力による社会的な死

社会性死亡の略語。意味①:「社死现场」「社死瞬间」のように人前で恥ずかしい思いをした瞬間のことを指すときに使用する。意味②:ネット上の中傷誹謗により、実際に相手にダメージを与え立ち直れなくすること。広義には影響力のある人のSNSや配信サイトのアカウントを剥奪して社会的影響力を封じることにも使われる。

例:第一天上班,流鼻血造成大型社死現場!
「仕事第一日目、鼻血を出した恥ずかしい思い出」
例:在很多人面前摔倒,社死瞬间

「多くの人の前で躓いてこけた、恥ずかしい瞬間」
例:蠢死了,真的太尴尬,太社死了
「間抜けすぎる、本当に気まづい、恥ずかしすぎる」

例:全办公室的人都知道我离婚了,好社死啊
「事務所の全員が自分が離婚したことを知った、恥ずかしすぎる」

例:她被人偷拍并被造谣出轨,被社死
「彼女は盗撮され浮気のデマを流され、社会的死に追いやられた」
例:学生网站被单独警告,本人已社死
「学生がネット上でひとりだけ注意された、本人はダメージで立ち直れない」

腾讯から引用