社杂

社杂(shè zá)

意味:とっつきにくく感じるが話してみると社交的

社交牛杂症の略。社牛(社交牛逼症)「人付き合いが上手い」と社恐(社交恐惧症)「対人恐怖症」の中間のこと。はじめは冷たく、とっつきにくく感じるが、付き合い始めると話しやすかったりする人のこと。人見知りするが、仲良くなると社交的なひと。

例:他是社杂呀,熟悉了就开始疯狂活泼
「彼はとっつきにくく感じたけど話してみると話しやすい、親しくなるととても明るい」
例:我是网络社牛,现实社杂
「私はネット空間では社交的だが、現実生活ではちょっと人見知り」
例:我有点子社牛,社牛社恐来回徘徊,就是一社杂
「私はちょっと社交的、社牛と社恐をいったりきたり、実に“社杂”と言える」

小红书から引用
タイトルとURLをコピーしました