渣苏感

渣苏感(zhā sū gǎn)

意味:どうしょもない奴なのにキュンとなる

渣男の「渣」と太苏了「キュンとなる、ドキドキする、ときめく」の融合。

例:这渣苏感不能自拔,真太蛊了
「このどうしょもない奴なのにキュンとなる感じにハマる、本当に心を奪われる」
例:他穿低领装纯特别还有点渣苏感
「彼の服の胸を開ける着こなしにムラムラする、ダメな奴なのにキュンとさせる」
渣苏感是天生的,独特的痞帅,陷进去了
「ワルなのにキュンとなる、独特のクールなカッコよさ、夢中になりハマっちゃう」